アーカイブ:核と被ばくをなくす世界社会フォーラム

フォーラムでの配布資料や動画を、資料としてupし始めています。以下のページからアクセスが可能です。

プログラム http://www.nonukesocialforum.org/?page_id=77
資料 http://www.nonukesocialforum.org/?page_id=544

当日、分科会に来れなかった方にはもちろん、核と被ばくをなくす為にこれからも続く取り組みに活かせるように、アーカイブとして残します。ぜひご覧ください。そしてひとりでも多くの方に伝わるように、どうか発信をお願いします。

モントリオール世界社会フォーラム2016より、連帯メッセージ

World Social Forum 2016

https://fsm2016.org/en/nouvelle-sur-le-nucleaire/

Call for mobilization for a world without nuclear power Warm greetings from the people of Quebec to the people of Japan, especially to those from the Fukushima prefecture. We, as Quebec citizens, express our complete solidarity with the people of Japan in their quest for a nuclear free future. Although Quebec has never suffered the ravages of a nuclear explosion nor of a nuclear meltdown, we have come to realize that nuclear power and nuclear weapons are incompatible with a sustainable future. In 2012, thanks to the numerous actions of citizens (including artists, medical doctors, and other professionals) Quebec became the first jurisdiction in North America to phase out of nuclear power by shutting down its only operating reactor. We strongly support those of you in Japan who wish to eliminate nuclear power from your society as well. The uranium that fuelled the Fukushima reactors very likely came from Canada, one of the world’s main producers and exporters of uranium. Here in Quebec we are keenly aware that all uranium ends up either in nuclear weapons or in nuclear reactor fuel, which inevitably becomes high-level radioactive waste. So it is far better for humans to leave uranium in the ground. Last year, at the World Uranium Symposium in Quebec City, an international movement was launched to ban uranium mining worldwide. We would be honoured to have Japanese citizens participate in this campaign. Quebec has already declared a moratorium on uranium exploration and mining and is now deliberating on whether to forbid it permanently. If the effort is successful, Quebec will become the third province in Canada to ban uranium mining. We encourage the people of Japan to join us in sending a clear message to the world at large that the era of nuclear power and nuclear weapons is drawing to a close. We also invite you to our World Social Forum at Montreal in August 2016, when we will be happy to welcome you. Artististes pour la Paix Coalition pour que le Québec ait meilleure mine – Dominique Bernier MiningWatch Canada – Ugo Lapointe Regroupement Vigiliance Mines Abitibi-Témiscamingue (REVIMAT) – Marc Nantel Association de protection de l’environnement des Hautes-Laurentides (APEHL) – François Lapierre Nature Québec – Christian Simard Réseau québécois des groupes écologistes (RQGE) – Yvan Croteau Syndicat de la fonction publique du Québec (SFPQ) – Denise Boileau Gordon Edwards: Ph.D., President, Canadian Coalition for Nuclear Responsibility, ccnr@web.ca , www.ccnr.org François Lapierre: Porte parole sur les mines, l’uranium et le nucléaire pour l’Association de protection de l’environnement des Hautes-Laurentides (APEHL) et répondant de l’APEHL auprès de la Coalition Québec Meilleur Mines www.apehl.ca, https://www.facebook.com/groups/111597252187402/?fref=ts , fr.lapierre55@gmail.com Cellulaire: 819-440-7939 Dr Éric Notebaert MD Canadian Association of Physicians for the Environnement Physicians for Global Survival (Canadian branch of IPPNW) David Suzuki Foundation

核と被ばくをなくす世界社会フォーラムへのメッセージ(2) Sortir du nucléaire

「脱原発」ネットワーク理事会から核に関するテーマ別世界社会フォーラムへの応援メッセージ

 本ネットワークは、福島の惨事から5年後のいま、核の恐怖に苦しむ日本の人々に、心からの連帯と支援を表明します。
 「脱原発」ネットワーク理事会は、3月23日から27日まで東京で開かれる核に関するテーマ別世界社会フォーラムに代表を送ることができませんでした。
 そのことを申し訳なく思いつつ、今回の企画に対する私たちの心からの応援をぜひとも表明したいと思います。
 核の悲劇に最も見舞われた国で開かれる今回のフォーラムは、核が倫理的に、
 ・過去、現在、将来にわたって尾を引く影響からしても、
 ・過去に起きた恐ろしい惨事と、いつでも私たちを襲いかねない恐ろしい惨事を考えても、
 ・核兵器保有国の首脳がこの地球に住む人々全員を人質にとっている事実を見ても、
容認できない技術であることを、世界の人々全員に対して説く機会です。
 世界最大の原発大国フランスでは、原子力ロビーが先細り状態の原発産業の活路を輸出に見出そうとしています。
 「脱原発」ネットワークは全力を挙げて、フランスからの輸出を非難し、そのような政策への反対運動に努めています。
 今回のフォーラムは、原子力ロビーに対する世界的な反対運動の確立と組織化へとつながり、原発新設計画に直面する国々の活動家への援助や支援などに結び付いていくものとなるはずです。
 核に関するテーマ別世界社会フォーラムが申し分なく成功することを祈念しています。フォーラムの成果報告は私たちのメンバーや仲間に拡散するつもりです。次の機会があれば、ぜひ参加したいと思っています。

理事会
ca@sortirdunucleaire.fr
http://www.sortirdunucleaire.org/